読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリア・ケアンズに行ってきました~現地SIM~

おはようございます。ながつきです。

前回、前々回に続きオーストラリアでの話。今回は現地SIMについて書いていきたいと思います。

f:id:nagatuki_12:20160829112729j:plain

 最近、auから世界データ定額という1日980円で使えるプランが始まりました。docomoauよりは高いですが海外1Dayパケというサービスがありますし、SoftBankも割安な海外パケット定額サービスはないですがアメリカ限定ならアメリカ放題というサービスが有ります。

SoftBankユーザーでアメリカに行く場合はアメリカ放題を使うのが一番だと思いますし、audocomoをお使いの方も2,3日の旅行なら海外ローミングの何もしなくても繋がる便利さを考えたら海外ローミングを使うのは全然ありだと思います。

ただそれ以上の期間滞在する予定の有る方やSoftBankを使っている方でアメリカ以外に行く場合は現地のSIMを使ってみることをおすすめします。

 

他の国のことは実際に使ったことがないのでよく分からないですが、オーストラリアはこれからプラン等のお話はしますが、とても安い価格で利用できるので少し敷居が高いと感じてる方も是非挑戦してみてください。

特に今はキャリアで購入したスマートフォンSIMロック解除できるようになりましたし、MVNOを使っている方は普段からSIMフリースマートフォンを持っている方多いと思います。これは挑戦するしかないですよ!(謎の押し)

どこのSIMを買えば良いのか

オーストラリアにはTelstra、Optus、VodafoneAUの大手三社があり、日本のdocomoauSoftbankのようなイメージです。この3社は全てプリペイドプランを用意しており、各社色々なプランがありますがお勧めはOptusです。Optusには1日500MBの通信と通話とSMSがし放題で2ドル(日本円で160円位)のプランが有るため短期間の旅行ならこれを選択しておけば良いと思います。

実はオーストラリアにも日本のように大手以外にもMVNOがあり、様々なプリペイドプランがあるのですがOptusのようなプランはあまりなく(さらっと見た感じだとなかった)、料金も大手が安いため、そこまで凄く魅力的という訳でもありませんでした。数ヶ月現地に滞在する場合や少しでも料金を安くと考えている方は検討しても良いかもしれませんが今回は割愛します。

SIMの購入場所

まずはSIMを購入しなくてはいけません。SIMは空港の売店やスーパー、コンビニ、郵便局などで売っています。SIM自体の価格は大手3社やMVNO共に2ドル多いみたいです。また最初から10ドル、20ドル、50ドルといった感じでチャージされたものもあり、チャージ分を使い切る場合は2ドルのパッケージを買ってからチャージするよりもお得です。

自分はケアンズ国際空港の到着ロビーにある売店の店員さんに「OptusのSIMが欲しい」と言って買いました。もちろん日本語では駄目ですが、Optusと言うだけで通じると思います。そういうと店員さんがOptusのSIMのパッケージを取ってきてくれて、一緒にチャージ用のバウチャーも購入するか聞いてくれます。1日2ドルのプランはDailyPlusというプランになるので「DailyPlusで7日間使う」というと15ドル分チャージ用のバウチャーも発行してくれました。

ケアンズ国際空港にはMVNOのSIMはないようでしたが(実はあったかも知れないけど)大手3社のSIMは確かそろっていたと思います。ただ最初からチャージされたタイプはないみたいです。

ちなみにスーパーではこんな感じで売っていました。

f:id:nagatuki_12:20160829103725j:plain

SIMのアクティベート

SIMを使うためにはアクティベートという処理を行い、バウチャーやクレジットカードを使ってチャージをしなくてはいけません。

アクティベート自体はOptusのサイトで行います。売店の店員さんは空港のFreeWi-Fiを使ってねと言っていましたが、OptusのアクティベートサイトにはアクティベートをしていないSIMでも繋ぐことが出来ました。

アクティベートサイトでは名前や滞在先の住所、メールアドレスなどと身元確認のためにクレジットカード番号かパスポート番号を入れる必要がありました。

あと電話番号もアクティベートサイトで選択します。Optusの場合日本のSIMのようにSIM自体に予め、電話番号が与えられていないようでアクティベートして初めて電話番号が割り当てられるようです。そのためSIM自体に番号が書き込まれているわけではないので端末からSIMの情報をみても電話番号は不明と表示されますが普通に使うことが出来ます。

SIMのアクティベートが終わるともう電話・SMS、インターネット共に使いはじめることが出来ます。ただし機種によってはAPNの設定が必要になることがあるのでそこは注意(SIMFree版iPhone6とNexus5、ZenfoneGo、RedmiNote3Proは勝手にAPNの設定が行われていました)。

インターネットが繋がらないという場合は端末の再起動で繋がるようになりました。

またOptusのアプリを入れておくとデータ通信の残量やチャージの残高が見れたり、リチャージが行えるので入れておくと便利です。

Optusの注意点

1点だけ注意点があります。それは1日500MBの通信量を超えるとその日の料金が自動的に2ドル追加され、合計1GBまで使えるようになってしまう点です。2ドルの追加なので料金的にはそんなに痛くはありませんが、チャージをギリギリにしていた場合最後の日が使えなくなります(経験談w)またリチャージは10ドルからなので心配な方は多めにチャージしておくか、500MBを超えないように注意してください。普通に使う分には500MBを超えることはまずないと思いますがテザリングをしたりしているとテザリング先の端末でアップデートやバックアップなどが始まってしまい思わぬ通信量が発生することがあります。

最後に

アクティベート作業に躓くと少し大変かもしれませんがアクティベートサイトに入力していくだけなので割りと簡単に使いはじめることが出来ます。オーストラリアに行く際は是非。あとスマートフォンオタクな方は2ドルでSIMが買えるので楽しいですよw自分もお土産用と称して各社のSIMを買い漁ってしまいましたww

広告を非表示にする