読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリア・ケアンズに行ってきました~飛行機機内と入国審査~

こんにちは、ながつきです。

前回に引き続き今回はジェットスターの機内の様子と入国審査について書いていきたいと思います。

f:id:nagatuki_12:20160828145412j:plain

今回のフライトは 元々20時20分出発の予定でしたが、20分早まった20時丁度の出発になりました。遅れるということは有ると思いますが早まるパターンもあるとはw

搭乗はビジネスクラスから始まりました。JALなどのように小さな子供を連れた人などの優先搭乗はないようです。ビジネスクラス搭乗が終わると続いて我々エコノミークラスの搭乗が始まります。

機材はB787、シートは3 3 3でした。今回は初めてのLCCだったのですが座席間隔は確かにJALのエコノミークラスよりも狭いですが身長170cmの私だと窮屈さは感じませんでした。ただ身長が180cm以上だったり大柄な方は窮屈そうでした。またただ座っているだけなら良いですがトイレ等に席をたつ際は横の人に一度退いてもらわないといけない狭さなので隣が家族・友人ではない場合は通路側の方が良いかなと思いました。

 

飛行機が離陸する前に客室乗務員さんからオーストラリアの入国カードが手渡されます。この入国カードには滞在先の住所等も記入しなくてはならないので分かるものをしっかり持参しましょう。また入国カード自体は日本語のものを貰えますが、職業等一部英語で記入しなくてはいけない箇所があるので英語が得意ではない方は事前に調べておくか電子辞書等を持参しておくと安心です。

 

離陸後しばらくすると事前に注文していた人とその場で注文した人に食事のサービスが始まります。私は行きの便では注文していなかったので関係ありませんがwちなみに飲み物のサービスもないので食事を注文しない予定の人は機内で飲み物の購入も出来ますが出国審査後免税店で飲み物を買っておくと良いと思います。

 

一通り食事のサービスが終わると照明が落とされ、寝るタイム?に入ります。ちなみに私はdアニメストアで事前にアニメをダウンロードしておいたのでそれを観てましたw

照明が落とされている間は客室乗務員さんが小さな懐中電灯をもって見回りをしていました。

 

到着1時間前くらいになると再び照明がつき、食事を注文した人向けに軽食と飲み物が提供されます。

 

約7時間のフライトを終え、ケアンズ国際空港に到着。そのまま入国審査に向かいます。入国審査はSmartGateと呼ばれるもので自動化されていますが家族の場合は従来通りの入国審査のカウンターで行われました。私は今回家族といったのでそちらのカウンターに案内され、そこでパスポートと機内で書いた入国カードを提出。滞在に日数等は入国カードに書いているので特に喋ることはなく終わりました。ただ1つ、医薬品等の持ち込みにチェックを入れていたので「Medicine?」と聞かれそうだと答えるとチャックは消されましたw

そんな感じで出国審査は無事通過し、受託荷物の受け取りに行く途中空港の職員のおじさんに止められ、「入国カード見せてください」と日本語で言われ、見せました。私は医薬品の他に革製のサンダルを持っていたので革製品にチェックを入れていたのですが「これは靴?」と聞かれ(また日本語で聞いてくれたw)そうだと答えると「きれい?」って聞かれたのでまたまたそうだと答えるとチェックを消してくれました。あとパスポートを手に持っていたのでもういらないよと教えてくれましたw

次に受託荷物を受け取り検疫に向かいます。検疫では職員の人に入国カードを渡せれ次に進む場所を教えてもらいます。今回は結局入国審査の人とおじさんにチェックを消してもらっていたのでそのまま終了でした。恐らくチェックがついていると検疫の道に案内されるんだと思います。

 

最後にオーストラリアは現在冬なので気温は20℃程度で過ごしやすい感じです。ただ飛行機が到着した時間は早朝に加え、雨だったので少し寒く感じました。次回はオーストラリアの現地SIMについて書きたいと思います。

 

広告を非表示にする